カレンダー
2017年8月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

大判出力が行われる素材にも注目していただきたいですね。
素材にも色々なものがありまして、これがまた何かと優秀な特徴を持っていたりもするんですよね。
またそのような素材になるためにも、いくつかの加工方法によってより完璧な素材へとなっていたりもするんです。

たしかに、しっかりとした素材でなければすぐにダメージを受けてしまいますよね。
それでは広告やポスターとしても成り立ちませんよね!

さてそんな事で、ここでは素材について紹介してみます!
素材には色々とあり、例えば「ポリエチレン」や「合成化学繊維」、「ターポリン」といったものもあります。
これらの素材は、雨からのダメージや、日光からのダメージには強い特徴があります。

そんな素材に更に「後加工」といった加工を行うんですよね。
これによって、耐色性だったり耐水性だったりの効果をつける事が可能になってきます。
ちなみにこの後加工の種類には大きく分けると3つの方法があります。
それが「表面加工」「裏面加工」「周囲加工」となっています!
これによって先ほども紹介した耐水や色あせ、機能性などの効果がより強くなります。

しっかりとした素材に更に後加工といった加工をする事。
これによって大判出力での印刷物はよりしっかりとした素材のもので完成する事ができるのです。